第1回「神のギフト」か「産まない権利」か 米国の中絶クリニックで考えた

有料会員記事

米ミシシッピ州ジャクソン=藤原学思
[PR]

 産むか、産まないか。その選択は不可侵の権利なのか。政治や司法が介入すべきことなのか。命の始まりはいつか。受精時か、誕生時か、あるいはその間か。

 人工妊娠中絶は、答えの出にくい問いをいくつも投げかけてくる。

 厚生労働省によると、日本で2020年に実施された中絶は14万5340件。1日に平均400件ほどになるが、日本ではその是非が真正面から問われることは少ない。タブー視されている、とも言える。

 ところが米国では、中絶に関する意見がそれぞれのアイデンティティーのように語られる。大統領選などで、最も重要な問題の一つとして挙げる有権者は多い。宗教も絡み合い、日本では考えられないほど、議論が激しく続いている。

 米国社会を取材対象とする私にとって、人工妊娠中絶は長らく取材したいテーマだった。

 なぜ、米国ではこれほどまでに意見が分かれ、政治化されるのか。それが知りたかった。

 そして、その是非について、個人的にも深く考えたかった。

 私の母は妻子のある男性と恋に落ち、未婚のまま、10年間で4人の子を産んだ。周囲からは何度も「育てられるのか」と疑問を投げかけられたそうだが、譲らなかった。

 その理由については「愛の結果だから」と言う。

 「命は奇跡。受精した瞬間から命になる」。幼い頃から、何度も聞かされた。

 改めて母に聞いてみた。当時、中絶は選択肢になかったのか。

 すると、「私は考えたことが…

この記事は有料会員記事です。残り2514文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!