睡眠導入剤飲ませ、わいせつ行為 50代海曹を懲戒免職 舞鶴海自

[PR]

 海上自衛隊舞鶴地方総監部京都府舞鶴市)は18日、部下の女性に睡眠導入剤を飲ませてわいせつ行為をしたとして、舞鶴基地業務隊に所属する50代の男性海曹が懲戒免職処分になった、と発表した。

 同総監部によると、海曹は4月17日午後11時50分ごろ、部隊内で一緒に当直勤務をしていた部下の女性隊員が飲んでいたペットボトルに睡眠導入剤を混入させて、胸を触るなどのわいせつ行為をしたという。

 女性隊員が舞鶴地方警務隊に被害届を出し、同隊が9月7日に海曹を準強制わいせつ容疑で逮捕、送検=公判中。調べに対し海曹は「自分に対する態度が日頃から横柄だったので懲らしめるためにやった」などと供述しているという。舞鶴基地業務隊司令の江畑巖弥(よしや)2等海佐は「規律違反について極めて重大に受け止めている。隊員一人ひとりへの教育と服務指導を徹底する」とコメントした。