• アピタル

「簡単」「迅速」な抗原検査キットの販売拡大 利用者の注意点は?

有料会員記事

高木智也、姫野直行
[PR]

 新型コロナウイルスに感染している可能性を、手軽に短時間で調べられるとして、抗原検査キットの販売が広がっている。ただ、不適切に販売したとして、業者が行政指導を受けたり、逮捕されたりするケースも出ている。PCR検査とは何が違い、利用者はどんな点に注意すればいいのか。

 「簡単」「迅速」「15分で検出」――。京都市の薬局レジ前に、そんなパッケージの抗原検査キットが並べられていた。よく見ると「研究用」と記され、裏には使用上の注意として「検査判定はいかなる意味でも医療診断や治療を目的とするものではありません」とも書かれていた。いったいどういうことなのか。

 抗原検査キットは、鼻の奥などに綿棒を入れて体液を採り、新型コロナウイルスに特有のたんぱく質(抗原)があるかどうかを調べるもの。PCR検査よりは精度が低いが、専用の機械などが要らず手軽に検査できるほか、検査結果も15~30分で分かる利点もある。帰省や旅行、出張の前に試したいと、自宅や職場などで広く活用されてきた。

 抗原検査キットを大別すると、2種類ある。

 一つは厚生労働相の承認を受けた「体外診断用医薬品」。これまで販売先は医療機関や自治体に限られていたが、厚生労働省は9月末、新型コロナ流行期の特例として薬局での販売を認めた。購入する際は薬剤師から検体の適切な採取方法などの指導を受け、陰性と判定されても感染対策を続けることなどに同意する書面に署名する必要がある。

 もう一つが未承認のキット。国の定めた水準の臨床試験で性能が確められておらず、医療用ではなく、「研究用」という名目で市販されている。

 京都市の薬局は、感染者が増…

この記事は有料会員記事です。残り758文字有料会員になると続きをお読みいただけます。