日米韓の共同会見、異例の見送り 日本が韓国の竹島上陸に抗議

有料会員記事

佐藤達弥、ワシントン=園田耕司、ソウル=鈴木拓也
[PR]

 日米韓の次官級協議が17日、米ワシントンで開かれ、北朝鮮の完全な非核化に向けて引き続き3カ国で緊密に連携することで一致した。一方、日本は韓国の警察庁長官が16日に島根県竹島(韓国名・独島)に上陸したことに抗議し、共同記者会見が見送られる異例の事態となった。日韓は朝鮮戦争の終戦宣言をめぐっても立場が異なっており、溝は深まる一方だ。

 日本外務省の発表では、3者は北朝鮮による核・ミサイル活動の活発化について懸念を共有。国連安保理決議に従い、北朝鮮の非核化へ緊密に連携する方針で一致した。このほか、東シナ海南シナ海での中国の行動や、ミャンマー情勢でも意見交換した。

 しかし、予定されていた共同記者会見は開かれず、急きょシャーマン米国務副長官の単独会見となった。同氏は「日韓の(意見の)相違があった」と説明。日本外務省筋は記者団に韓国の警察庁長官による竹島上陸が原因だと説明。「我が国が韓国側に抗議している中、共同会見は不適当だと判断した」と語った。

 その後の日韓次官級協議でも…

この記事は有料会員記事です。残り544文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!