高め合う20歳の奥川、宮城 日本シリーズのカギ握るドラ1

有料会員記事

藤田絢子、佐藤祐生
[PR]

 プロ野球日本一を決めるSMBC日本シリーズ2021が20日、京セラドーム大阪で幕を開ける。オリックスとヤクルトの対決は1995年以来だ。

 東京ヤクルトスワローズの右腕・奥川恭伸とオリックス・バファローズの左腕・宮城大弥。プロ野球界最高峰の舞台で、2001年生まれの20歳投手が投げ合う。

 高校時代はともに甲子園の出場経験があり、3年時には日本代表で戦った。ドラフト1位でのプロ入り後は先輩の戦う姿勢を吸収しながら、成長を遂げてきた。

高め合う20歳の2人の投手

ヤクルト高津監督、オリックス中嶋監督からも一目置かれる20歳の右腕・奥川と左腕・宮城。 共通点の多い2人は互いのことをどう思っているのか。記事後半で触れています。

 世代のトップとして注目を集…

この記事は有料会員記事です。残り1059文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!