南シナ海で中国公船がフィリピン船を妨害 「特別な関係を脅かす」

ハノイ=宋光祐、北京=冨名腰隆
[PR]

 フィリピンのロクシン外相は18日、南シナ海でフィリピン軍に物資を運んでいた民間船2隻が中国海警局の船に妨害されたとして、中国を非難する声明を発表した。「中国船の行動は違法であり、引き下がらなければならない」と要請している。

 フィリピン外務省によると、民間船は16日、フィリピンが実効支配する南沙諸島のアユンギン礁に向かって軍の食料品を運んでいた時、中国の海警船3隻に放水銃などを使って航行を妨害された。負傷者は出なかったが、輸送は中止したという。

 ロクシン氏はツイッターで、「我々の怒りと非難、抗議を在フィリピン中国大使と中国外務省に最も強い言葉で伝えた」と明らかにした。アユンギン礁はフィリピンの排他的経済水域(EEZ)にあり、「自制を欠いた行動はフィリピンと中国の特別な関係を脅かす」と警告している。

 フィリピン政府は3月にも南シナ海の自国のEEZ内に約220隻の中国漁船が停泊しているとして、外交ルートで中国政府に抗議した。領有権問題をめぐる両国間の緊張が高まっている。

 ロクシン氏は今後もアユンギン礁の部隊への補給を続けるとした上で、「我々の領域で必要なことをするための許可は求めない」と強い姿勢を示した。

 これに対し、中国外務省の趙立堅副報道局長は18日の定例会見で「16日夜、フィリピンの補給船2隻が中国の同意を得ずに中国南沙諸島の仁愛礁(アユンギン礁の中国名)付近に進入した。中国海警船は法に基づき公務を執行し、中国の主権と海上秩序を守った」と反論。「現在、仁愛礁の海域はおおむね平穏であり、中国とフィリピンは意思疎通を維持している」とした。(ハノイ=宋光祐、北京=冨名腰隆