すし・焼き肉は好調、カラオケ・ビジネスホテルは苦戦 消費の実態

有料会員記事

中川透
写真・図版
[PR]

 緊急事態宣言が明けた10月以降、すし店や焼き肉店は堅調な一方で、居酒屋やカラオケ店は依然苦境――。そんな実態が、クレジットカード決済額をもとにした統計「JCB消費NOW」の10月後半分の結果でわかった。消費は全体的に回復傾向だが、サービス業は業種間のばらつきが目立つ。

 全体的な支出を示す「総合消費」の10月後半は、コロナ禍前(2016~18年平均)の同期比5%増。昨年10月後半以来1年ぶりに高い伸び率だった。商品などの小売りとサービスの両部門ともに回復している。

 10月後半のサービス業を業種別にみると、回復差が著しい。外食産業では、すし店がコロナ禍前と比べて28%増、焼き肉店が1%増。一方で、居酒屋は32%減、カラオケ店は48%減とコロナ禍前の水準に遠く及ばない。両業種ともに緊急事態宣言の解除以降は回復傾向だが、もともと落ち込みが大きかっただけに苦戦が続いている。

 消費は少しずつ戻りつつあるが、大人数の宴会が手控えられたり、出張をせずにオンラインで打ち合わせたり、といった行動変化も進んでいる。ホテルの消費回復に比べ、ビジネスホテルは動きが鈍く、同じ宿泊関連でも回復ぶりには差がある。

 JCB消費NOWは、匿名化…

この記事は有料会員記事です。残り290文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    田幸香純
    (朝日新聞記者=小売り、外食、食品)
    2021年11月18日22時52分 投稿

    【視点】緊急事態宣言が解除されても新型コロナ禍で影響が大きかった居酒屋やカラオケ業態の回復はまだ鈍いという結果が出ました。10月以降、繁華街のにぎわいは戻りつつあるようにみえますが、飲食業態でも空席が目立つ店舗が少なくありません。6月に東京都などが