「在職1日」で航空券も支給 3~4往復分、衆院新人らに

[PR]

 10月31日投開票の衆院選で当選した議員に「在職1日」で10月分の100万円の文書通信交通滞在費(文通費)が支給された問題に絡み、計69人の新人や元職に1カ月分にあたる3~4往復分の航空券に引き換えるクーポンも支給されていたことがわかった。文通費とあわせて、今後議論を呼ぶ可能性がある。

 衆院事務局によると、議員は新幹線などに乗れる「JRパス」のほか、地元と東京を往復する航空券と引き換えるクーポンも受け取れる。3往復ならJRパスと両方、4往復なら航空券のみ受け取れる制度で、議員がそれぞれ選択できる。東京近郊の議員には航空券は支給されない。

 今回、当選した121人の新人・元職のうち、48人には3往復を、21人には4往復を「10月分」として、特別国会が召集された11月10日に支給したという。使用期限は今年度中で、使われた分だけ公費が充てられる。返却も可能だという。