ガソリン価格抑制や半導体企業へ巨額支援 異例の政策に副作用懸念

有料会員記事

新田哲史 若井琢水 平林大輔
[PR]

 政府はガソリン価格抑制の補助金や半導体企業への巨額支援など、異例の対策に乗り出す。景気の下支えや経済安全保障の強化などを名目にしているが、かつてないやり方だけに副作用が心配されている。

 原油の値上がりを受けた価格抑制はガソリン、灯油、軽油、重油が対象だ。どれもレギュラーガソリンの平均価格を補助金を出す条件にする。4油種の卸売価格は連動していて毎週の変動幅も同じだという。支給額はいずれも1リットルあたり最大5円で毎週見直す。

 基準となるガソリン価格は170円。いったん補助金を出し始めると12月は170円、来年1月は171円といったように、4週ごとに1円ずつ上げていく。

 15日時点のガソリンの平均…

この記事は有料会員記事です。残り1504文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!