将棋・藤井聡太竜王が王将に挑戦へ 五冠めざし年明けからタイトル戦

村瀬信也
[PR]

 将棋の藤井聡太竜王(19)=王位・叡王・棋聖と合わせ四冠=が19日、第71期王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)の挑戦者決定リーグ戦で近藤誠也七段(25)を破り、リーグ成績を5勝0敗として渡辺明王将(37)=名人・棋王と合わせ三冠=への挑戦を決めた。来年1月に始まる七番勝負は、史上4人目の五冠をかけたタイトル戦となる。

 対局は東京都渋谷区将棋会館で指された。戦型は先手の藤井竜王の誘導で相懸かりに。じっくりとした駒組みの末に夕方に駒がぶつかり、激しい攻防を藤井竜王が制した。藤井竜王は「渡辺王将は序中盤の戦略が優れている。そこにしっかり対応できるように頑張りたい」と話した。

 同リーグは7人が総当たりで戦う。藤井竜王は羽生善治九段(51)や豊島将之九段(31)らを破った。近藤七段のリーグ成績が3勝2敗となり、1敗の棋士がいなくなったため、藤井竜王が最終戦を残して優勝を決めた。

 藤井竜王は今月13日に竜王のタイトルを獲得して史上6人目の四冠になった。五冠は羽生九段、故大山康晴十五世名人、引退した中原誠十六世名人(74)の3人が達成している。村瀬信也