自作わいせつ動画を販売の疑い 産総研の研究員を逮捕、自ら出演か

西崎啓太朗
[PR]

 自作のアダルト動画を十分に修正せずに米国のウェブサイトで売ったとして、茨城県警は、産業技術総合研究所主任研究員の山下崇博容疑者(40)=つくば市島名=をわいせつ電磁的記録等送信頒布の容疑で逮捕し、19日発表した。山下容疑者は「販売したことは間違いないが、映像を粗くしており、わいせつとの認識はなかった」と容疑を否認しているという。

 生活環境課によると、山下容疑者は米国の動画販売サイト「FC2コンテンツマーケット」で、昨年12月から今年9月までに複数回、十分に修正していないアダルト動画を不特定の者に売った疑いがある。2017年11月ごろから自らが出演する動画を作って売り、これまでの売り上げは約1億8千万円に上ると同課はみている。

 県警は制作したアダルト動画を同じ動画サイトで販売していたとして、守谷市松並青葉1丁目、無職柴田恒一容疑者(47)も同容疑で逮捕し、発表した。「お金を稼ぐため、わいせつ動画を販売していた」と容疑を認めている。17年7月ごろから動画を販売し、1億1200万円を売り上げていたと同課はみている。(西崎啓太朗)