31歳町議に当選無効の決定、居住実態なしと判断 神奈川・真鶴

村野英一
[PR]

 9月の神奈川県真鶴町議選に無所属新顔で当選した山下亜美氏(31)と木村勇氏(38)の当選無効を求める異議申し立てに対し、町選挙管理委員会は19日、山下氏は当選無効と決定し、木村氏は当選有効として異議を棄却したと発表した。

 選管は公職選挙法が定める3カ月以上の町内での居住実態の有無を調査。山下氏はガスや電気の相応の使用量があったが、8月以前の水道使用量は少量で、運転免許の住所を町内に変更したのは町議選以降だったことなどから当選無効と決定した。不服がある場合、県選管に審査を21日以内に申し立てることができる。申し立てがない場合、次点の加藤龍氏(33)=諸派新顔=が繰り上げ当選になる。(村野英一)