• アピタル

米国の3回目接種、18歳以上の全員に拡大 ファイザーとモデルナ製

新型コロナウイルス

ワシントン=合田禄
[PR]

 新型コロナウイルスのワクチンを追加接種する「ブースター」について、米食品医薬品局(FDA)は19日、ファイザー製とモデルナ製の3回目接種の対象を18歳以上の全員に拡大するよう緊急使用許可を拡大した。米疾病対策センター(CDC)も同日、FDAの緊急使用許可と同様に対象を広げることを推奨した。

 これまで米国では、メッセンジャーRNA(mRNA)を使うタイプのワクチンであるファイザー製やモデルナ製を2回打った人の3回目接種については、接種を完了してから6カ月以上たった65歳以上や、重症化や感染のリスクが高い人などに対象が限られていた。

 FDAは19日午前、対象を2回目の接種から6カ月以上たった18歳以上の全員にすることで「誰がブースター接種をするかについての混乱がなくなる」などとする声明を発表。その後、CDCの諮問委員会も「18歳以上の全員が接種できる」「50歳以上の全員が接種すべきだ」という二つの議題について、全会一致で賛成した。

 さらに19日夜にCDCのワレンスキー所長が「説得力のある証拠に基づき、すべての18歳以上がブースター接種を公平に受けられるようにすべきだ」などとする声明を出した。

 米国でのワクチンのブースター接種をめぐっては、1回目にジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)のワクチンを打った人は接種完了から2カ月以上たった18歳以上の全員がすでに対象になっている。また、最初に接種したワクチンの種類にかかわらず、追加接種の対象となる人ならば、追加接種するワクチンは3種類のどれでもよいことになっている。(ワシントン=合田禄)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]