5分間で一気に5千発 ハウステンボスで2年ぶり「九州一花火大会」

原口晋也
【動画】ハウステンボスで2年ぶりに花火大会=松井充撮影
[PR]

 長崎県佐世保市のテーマパーク、ハウステンボスで20日、「九州一花火大会」が2年ぶりに催され、西日本最大級という2万2千発の花火が秋の夜空を彩った。

 毎年の恒例行事だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2019年9月を最後に開かれていなかった。感染対策を徹底して実施にこぎ着けた。

 九州の11の花火師による競演や、世界的な大会で優勝した国内外の花火師のエキシビションなどに続き、フィナーレは5分間で一気に5千発を打ち上げた。

 コロナ禍で各地の花火大会が中止となり、花火師にとっても久しぶりの晴れ舞台。技の粋をこらした色とりどりの大輪が夜空を彩り、来園者から歓声があがった。(原口晋也)