夫妻を殺害容疑、19歳再逮捕へ「見つかったので刺した」 甲府火災

有料記事

平山亜理
[PR]

 甲府市で10月、住宅が全焼して住民夫妻の遺体が見つかった事件で、山梨県警は22日にも、市内の少年(19)=現住建造物等放火容疑で逮捕=を夫妻に対する殺人容疑で再逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材でわかった。同じ高校に通う夫妻の長女に一方的に好意を寄せており、「思いが通じず、傷つけようと思った。両親に見つかったので刺した」といった趣旨の供述をしているという。

 捜査関係者によると、少年は10月12日未明、甲府市蓬沢1丁目の会社員井上盛司さん(当時55)方で、井上さんと妻章恵さん(同50)を刃物で刺して殺害した疑いがある。窓ガラスを割って室内に忍び込んだ可能性が高いという。夫妻の遺体には刃物によるとみられる無数の傷があり、死因は失血死だった。

 夫妻はともに10代の長女と…

この記事は有料記事です。残り302文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。