三浦佳生が涙の初優勝 「ひつまぶし食べたいです」 全日本ジュニア

有料会員記事

坂上武司
[PR]

 フィギュアスケートの全日本ジュニア選手権が21日、愛知・日本ガイシアリーナであり、男子で三浦佳生=東京・目黒日大高=が初優勝を飾った。ショートプログラム(SP)7位からの大逆転劇を演じた。

 「こういう時もある。仕方ない」。優勝候補だった三浦は前日のSPで7位。氷にできた穴にはまってトリプルアクセル(3回転半)に失敗し、沈んでいた。だが「どうしようと思ったけど、先生や友人に励まされた」といい、フリーは気持ちを切り替えた。

 この日のフリーは4回転サルコーとトーループの2本を成功。もう一つ予定していた4回転は転倒したものの、「僕の中でもいい4回転が跳べた」。最後までスピードを落とすことなく、「ポエタ」を演じた。

 得点表示が出ると、佐藤紀子…

この記事は有料会員記事です。残り341文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]