死後20日で書く夫の追悼 あふれる言葉書きとめた 小池真理子さん

有料会員記事

中村真理子
[PR]

 ミステリーから恋愛小説まで幅広く手がけ、文学賞を次々と受けてきた。華やかに見える人気作家は、その裏で大きな喪失に向き合っていた。悲しみの底からつづった言葉がいま、反響を集めている。孤独の日々を支えてくれたのは何だったのか。

 夫の藤田宜永(よしなが)さんを2020年1月、肺がんで亡くした。夫婦ともに直木賞作家。おしどり夫婦として文壇で知られた2人は、言葉を武器に闘い続けた同志だった。わかりあえるがゆえに、ときに激しいけんかをしたという。死別後の日々をつづった本紙別刷りbeでの連載は、読者から千通近くにのぼる反響があった。連載をまとめた『月夜の森の梟(ふくろう)』が朝日新聞出版から今月、刊行された。

深夜になって出てきた一文

 悲しみに埋もれるような本ではない。小説家をめざして一つ屋根の下で原稿に向かった若き頃。学生運動に傾倒して父を怒らせた青春時代。懐かしい日々を思い出し、穏やかな現在を見つめる。夫の病の深刻さを知り、絶望して泣きながら、ずるずるとカップラーメンをすする場面が印象的だ。「よくあんなときにおなかがすくなあと思います。でも、悲しい思い出の中に、笑っちゃうことがある。それが人間ですよね」

 本の冒頭には、小池さんによ…

この記事は有料会員記事です。残り1080文字有料会員になると続きをお読みいただけます。