「ママ、夢かなってる?」 脚本家、漫画家…いや、大事な夢があった

有料会員記事

若松真平
[PR]

 3カ月ほど前、なりたりえさんは公園で次女と遊んでいた。

 「おーい、ママー! 夢かなってる?」

 滑り台の上から突然、そう問いかけられた。

 は? 私の夢?

 思い出したのは、かつて所属していた劇団のこと。

 大学を卒業してから入り、脚本家を目指していた。

 アルバイトで生計を立てながらコントを制作。

 7年ほど経ったころ、自分の力の限界を感じて諦めた。

 次に思い出したのが、漫画家になる夢。

 脚本家を諦めた後、出版社に漫画を持ち込んだり、賞に投稿したりした。

 思うような結果を出せず、いったん諦めた。

 「どちらもうまくいかず、今は主婦として暮らしているな」

 そう思いながら、ちゃんとかなえた夢が一つあることに気づいた。

 滑り台の上から手を振ってい…

この記事は有料会員記事です。残り1426文字有料会員になると続きをお読みいただけます。