観光に「ツーリストシップ」を提唱 京都の団体代表の思いとは

有料会員記事

箱谷真司
[PR]

 観光都市・京都に拠点を置き、スポーツマンシップにならって「ツーリストシップ」という考えを広めようと活動する女性がいる。一般社団法人「CHIE―NO―WA」(ちえのわ)代表理事の福田千恵子さん(23)だ。コロナ前、観光地に多くの客が押しかけて観光公害が問題になったことを教訓に、観光に関わる人が持つべき姿勢があると訴える。箱谷真司

 観光客、住民、観光にたずさわる事業者みんなが、気持ちよく過ごせるように。そんな思いを込めて、旅先で出会う人々がお互いに思いやりを持つ「ツーリストシップ」という言葉を考案し、広める活動をしている。

 千葉生まれ。2017年に京都大に入り、京都市内で暮らし始めた。新聞記事の「観光公害」という文字が目にとまった。市内には訪日外国人らが殺到し、住民はゴミの路上ポイ捨てに悩んでいた。

 実態を知ろうと住民ら数百人…

この記事は有料会員記事です。残り346文字有料会員になると続きをお読みいただけます。