第257世天台座主、森川宏映さん死去 96歳

 森川 宏映さん(もりかわ・こうえい=第257世天台座主)22日、老衰で死去、96歳。通夜は25日午後7時、密葬は26日正午から大津市坂本4の6の1の滋賀院門跡で。本葬は来年1月18日午後1時から同市坂本4の6の2の天台宗務庁で。通夜・密葬の葬儀委員長・喪主は水尾寂芳(じゃくほう)・延暦寺執行(しぎょう)、本葬は阿部昌宏(しょうこう)・天台宗宗務総長。

 愛知県春日井市出身。京都大を卒業後、延暦寺一山・真蔵院や京都・毘沙門堂の住職を務めた。2015年12月、延暦寺住職を兼務する天台座主に就任。今年6月に延暦寺で営まれた天台宗の宗祖最澄の1200年大遠忌の法要では大導師を務めた。

     ◇

 森川さんの死去に伴い、天台座主規定により、円教寺(兵庫県姫路市)住職の大樹孝啓(おおき・こうけい)探題(97)が第258世座主に就任した。