ラグビー日本代表最高位パートナー、オールブラックスと異例契約

野村周平
[PR]

 ラグビー日本代表の最上位パートナーを務める大正製薬が、ニュージーランド(NZ)ラグビー協会と「グローバルパートナー契約」を結んだ。ワールドカップ(W杯)で優勝3度を誇るNZとの連携には、どんな狙いがあるのか。

 きっかけは、2019年W杯日本大会中の出会いだったという。

 ある会合で、上原茂社長(45)はNZ協会CCO(最高商務責任者)のリチャード・トーマス氏らと面会した。彼らとの会話から「NZ協会の組織基盤の確かさや、パートナー企業との関係の深さ」を感じ取った。

 その後、NZ協会とパートナーシップについて意見交換する機会を得た。W杯での盛り上がりの割には「日本では子どものラグビー環境が整っていない」と指摘され、「そういう課題を一緒に解決しよう」と意気投合したという。それが今回の契約につながった。

 大正製薬は、日本代表が国際舞台でなかなか勝てなかった2001年から支援を続けてきた。上原社長は「もう一段階高く、皆さんの期待に応えるために何ができるか。今回の連携で、我々と日本ラグビーとの関わり方も次のレベルに引き上げることはできるのでは、と思っている」と話す。(野村周平)