関西スーパーとH2Oの統合、神戸地裁が差し止め オーケーが要求

宮川純一、栗林史子
[PR]

 神戸地裁は22日、「関西スーパーマーケット」とエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリング傘下の食品スーパー2社との経営統合の手続きを差し止める仮処分決定をした。首都圏地盤の食品スーパー「オーケー」が差し止めを求めていた。12月1日に予定している統合が白紙となる可能性が高まったことになる。

 統合は10月29日の関西スーパーの臨時株主総会で可決されたが、関西スーパーを買収する意向のオーケーが、議決権の集計に問題があるとして仮処分を申し立てていた。神戸地裁は決定で、「決議の方法に法令違反または著しい不公正がある」と全面的にオーケーの主張を認定。関西スーパーはこれを不服として神戸地裁に異議を申し立てる方針だ。

 総会に立ち会った検査役の弁護士の報告書によると、ある法人株主が統合に賛成の委任状を事前に出していたにもかかわらず、総会当日、会場で「棄権」とみなされる白票を投票。集計作業時にこの株主から相談を受けた関西スーパー側が、白票の扱いを「賛成票」に変えた。それにより、必要な議決権を下回る65・71%だった賛成率が、66・68%まで増えて可決ラインを超えたという。

 決定を受け関西スーパーは「当社の主張が認められなかったことは誠に遺憾」とするコメントを出した。一方のオーケーは「司法の良識が示された」との談話を出し、関西スーパーの完全子会社化を前提に株式公開買い付け(TOB)を行う方針を示している。(宮川純一、栗林史子