関西スーパー統合、異例の司法によるブレーキ 地裁の決定理由とは

有料会員記事

栗林史子
[PR]

 「関西スーパーマーケット」とエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングの統合計画に黄信号がともった。神戸地裁が22日、差し止める仮処分の決定を出し、手続きに疑義を唱えていた「オーケー」の主張を全面的に認めた。株主総会で決まった上場企業同士による統合に司法がブレーキをかけるのは異例だ。

 仮処分申請で争われたのはある株主が投じた「白票」の扱いだった。

 神戸地裁の決定文や総会検査役の弁護士の報告書などによると、山口県でスーパーを経営する法人株主が、統合に賛成する委任状を事前に出した上で、総会会場では「棄権」とみなされる白票を投じた。

意見書を出した東大教授(会社法)は

 会場での集計作業は難航し…

この記事は有料会員記事です。残り1165文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!