瀬戸内寂聴さんを偲ぶ会 12月9日、京都・寂庵で焼香受け付け

 今月9日に99歳で亡くなった作家で僧侶の瀬戸内寂聴さんを偲(しの)ぶ会が12月9日午後1~4時、京都市右京区嵯峨鳥居本仏餉田町(ぶっしょうでんちょう)7の1の寂庵(じゃくあん)で開かれる。主催する寂庵が22日発表した。

 式典は開かず、焼香のみ受け付ける。屋外で長時間並ぶ可能性があるため、暖かい服装での来場を呼びかけている。香典は辞退している。

 供花は、公益社(京都市)のウェブサイト(https://www.koekisha-kyoto.com別ウインドウで開きます)から申し込める。

 葬儀は13日、近親者で営んだ。別途、ゆかりの人たちが集まる「お別れの会」が来年、東京都内で開かれる予定。