「大声なし」イベントの人数上限、25日から撤廃

川野由起
[PR]

 新型コロナウイルス感染防止策をめぐり、埼玉県は、25日から大規模イベントの人数制限を一部緩和することを決めた。政府の方針変更を受け、対策本部会議で決定し、22日発表した。10月31日以降、収容定員に応じて「5千人」または「収容定員の50%」としている上限を、観客が大声を出さないイベントに限ってなくし収容定員までとする。

 県によると、イベント主催者が感染防止に関する安全計画を策定するのが条件。「大声」の定義は、「通常よりも大きな声量」で、「反復・継続的に声を発すること」とした。これに該当する「大声あり」のイベントは従来通りの上限を続ける。(川野由起)