中国、「極超音速兵器から飛翔体」 米ロよりも先に成功か 英紙報道

笠原真
[PR]

 英紙フィナンシャル・タイムズは21日、中国が今夏行った実験で、極超音速(ハイパーソニック)兵器が滑空中に飛翔(ひしょう)体を発射していたと報じた。事実であれば、中国が世界最先端の高度な技術を保有していることを裏付けるものとなる。

 同紙によると、実験は7月下旬に行われた。極超音速兵器は音速の5倍以上の速度で南シナ海上空を滑空中に、飛翔体を発射。飛翔体は海に落ちたという。米国防総省の専門家の中には、飛翔体は極超音速兵器を迎撃するミサイル防衛システムを破壊するためのものとして発射されたとの見方がある。米国やロシアも同様の兵器の開発を急ぐが、いまだに成功していないという。

 同紙は、米国防総省の科学者らも中国の技術開発の速さに衝撃を受けていると伝えている。米国家安全保障会議(NSC)の報道担当者は同紙に、「(中国の)技術の発達は、地域内外の安定と平和を求める全ての人にとって懸念になっている」と述べた。(笠原真)