事態はベラルーシのペース? 避難所に収容の2千人引き取り要求

有料会員記事

ブルズギ=喜田尚
[PR]

 移民・難民を送って欧州連合(EU)を揺さぶるベラルーシ。背景には、彼らの受け入れをめぐるEU内の不協和音がありました。

 「欧州最後の独裁者」と呼ばれるベラルーシのルカシェンコ大統領は昨年8月の大統領選後、退陣要求デモを力で抑えつけ、メディアも激しく弾圧する。5月には、自国領空を通過中のギリシャリトアニア行き民間機を緊急着陸させ、乗客の反政権派ジャーナリストを拘束した。

 同国に民主化や人権擁護を求める欧州連合(EU)が経済制裁に踏み切ったのは6月下旬のことだ。反発したルカシェンコ氏が最初に打ちだした対抗策が、自国からEUに入った不法入国者を引き取るEUとの合意の履行をやめることだった。EU域内を目指す移民・難民らはまず小国リトアニアへ、間もなくポーランドへ向かった。

 難民問題は今もEUにとって…

この記事は有料会員記事です。残り1258文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!