第15回【新聞と戦争・アーカイブ】社論の転換:14 その要因

有料会員記事

[PR]

【2007年8月22日夕刊3面】

 30年10月26日。朝日新聞の社内会議で、大阪本社の高原操編集局長はこういった。

 「主張や意見の問題は営業政策と全然別個のものであります、否、我社(わがしゃ)はその混同を極力排斥するものであります」(社内資料)

 社論が、販売や広告の事情に左右されてはならない。社説責任者の高原はそう社内に説いた。

 10カ月後の31年8月、高原の言葉の真価が問われる事態が朝日を襲った。満州で、朝日に対する不買運動の火の手が上がったのだ(同)。満州事変が始まる1カ月前のことである。

 この運動の担い手は、満州青…

この記事は有料会員記事です。残り907文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載新聞と戦争アーカイブ(全107回)

この連載の一覧を見る