第22回【新聞と戦争・アーカイブ】社論の転換:21 その後

有料会員記事

[PR]

【2007年8月31日夕刊2面】

 大阪朝日の辰井梅吉営業局長の日記、いわゆる「辰井日記」の1931年10月12日の頭書きには、「社論統一に関する会議を開く」とある。

 ただ、日記の本文には、役員のほか各部長も交え「各自夫々(それぞれ)意見を陳(の)」べたなどとあるだけで、社論統一の具体的な内容は記されていない。

 一方、憲兵がこの日の朝日の会議の内容を探って、参謀次長に次のように報告していた。

 「大阪朝日新聞社今後ノ方針…

この記事は有料会員記事です。残り942文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載新聞と戦争アーカイブ(全107回)

この連載の一覧を見る