第26回【新聞と戦争・アーカイブ】社論の転換:25 別の道

有料会員記事

[PR]

【2007年9月6日夕刊3面】

 満州事変に対する最大の批判者は、中国の物言わぬ民衆だった。

 勃発(ぼっぱつ)3カ月後の31年12月、作家の里村欣三は、雑誌の特派員として満州を旅した。列車に乗りあわせた日本の将校が笑った。

 「あれを見ろ。支那人と言ふ…

この記事は有料会員記事です。残り973文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載新聞と戦争アーカイブ(全107回)

この連載の一覧を見る