第27回【新聞と戦争・アーカイブ】社論の転換:26 別の道

有料会員記事

[PR]

【2007年9月7日夕刊3面】

 「軍部の非常識、無鉄砲そのものが、常に我(わが)対支政策を裏から破壊しつつあると云(い)ふことに対して、国民はもつと憤慨しなければならない」

 満州事変が起きた直後、「九州大学新聞」31年10月5日号に、軍部批判の論文「満州事変の責任」が載った。

 書いたのは、九州帝大法文学部教授(政治学)で当時38歳の今中次麿(つぐまろ)。結論部分では「反戦のために、国民の民族観念を、清(きれ)いに洗いおとしてしまふ必要がある」と主張した。

 新聞は発禁となり、今中も「…

この記事は有料会員記事です。残り885文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載新聞と戦争アーカイブ(全107回)

この連載の一覧を見る