日ベトナム、中国念頭に防衛協力強化 サイバーや衛生分野で覚書

松山尚幹
[PR]

 岸信夫防衛相は23日、来日中のベトナムのザン国防相と防衛省で会談し、防衛当局間でサイバーセキュリティーや衛生分野での協力に関する覚書に署名した。両氏は9月にもベトナムで会談した。中国の海洋進出という共通の課題を持つ両国で、防衛当局間の連携を強化する。

 岸氏は会談後、記者団に「『新たな段階に入った日越防衛協力』のもと具体的な取り組みを進めていく」と語った。サイバー分野では、ベトナムに自衛官を派遣し、東南アジア諸国連合(ASEAN)の防衛当局者と情報交換する。国連平和維持活動(PKO)に部隊を派遣するベトナムに、日本の経験を伝える。

 会談では、中国を念頭に東シナ海南シナ海の情勢を協議した。両氏は「力による一方的な現状変更の試みに強く反対」することで一致した。

 一方、ベトナムのチン首相も来日中で、24日に岸田文雄首相と会談する予定。岸田首相にとって、海外の首脳を日本に迎えての初めての会談になる。(松山尚幹)