【21年九州場所10日目】白鵬もできなかった 照ノ富士が挑む偉業

有料会員記事

松本龍三郎
[PR]

 横綱照ノ富士が10連勝。大関貴景勝に土がついたため、単独首位に立った。再入幕の阿炎が1敗を守ったが、関脇御嶽海宝富士に屈して2敗に後退。平幕の玉鷲、宇良、北勝富士が勝ち越した。大関正代が6勝目。貴景勝に勝った関脇明生は星を五分に戻した。

注目の取組・力士を特集する「東西トーザイ」、八角理事長がその日の相撲を語る「理事長が見た!」、力士らの取組後の声を届ける「支度部屋から」など…デジタル限定のコンテンツを含めた記事や、豊富な写真を連日報じていきます。

(東西トーザイ)死角はあるのか照ノ富士 漂う綱の風格 10日目で単独トップ

 ともに先頭を走ってきた大関が目の前で敗れた。勝てば単独トップに立つ結びの一番。照ノ富士は落ち着きはらっていた。

 立ち合いで左前まわしを与えたが、すかさず豊昇龍の両腕を抱える。左右に体をよじらせたり、足をかけたりして抵抗する相手を、じっくり俵の外へ運んだ。

 看板力士の「連敗」は許されない。祝日に詰めかけた観客を、がっかりさせるような相撲は取らなかった。

 「落ち着いて取れたんで、良かったなと思います」。取組後の取材に、いつもの口ぶりで淡々と対応した照ノ富士貴景勝との直接対決を残しているとはいえ、6度目の優勝へ有利な立場になったのは間違いない。

 今年に入り、ここまで3度賜杯(しはい)を抱いてきた。横綱として2場所目ながら、土俵上の姿は、もう何場所も綱を張ってきたような風格が漂う。年間の勝利はこの日で72勝目。2014年の横綱白鵬(81勝)以来の70勝台に乗せ、同年以来となる年間優勝4度(白鵬は5度)も見えてきた。

 その優勝には、白鵬も達成していない大記録がかかる。優勝制度ができた1909(明治42)年以降、新横綱の場所から連続優勝したのは4人。15日制が定着した49年夏場所以降に限れば、62年初場所大鵬、ただ一人だ。

 59年ぶりの快挙に向けた、残り5日間。照ノ富士を止められる力士はいるのか――。死角は見当たらないように思える。(松本龍三郎)

連勝の大関に土

 貴景勝の連勝が止まった。明生を攻め込みながら、いなしに体が泳いで形勢逆転。悪癖の引きが出たところを、押し出された。前日の取組後に古傷の右ひざを気にするそぶりを見せていたが、「(影響は)ないです」。首位の照ノ富士との対戦を残す終盤戦へ向け、「またしっかり準備するだけ」と短く話した。

(支度部屋から)ついに連勝止まった王鵬、貴景勝撃破の明生、恩返し誓う玉鷲、平常心の阿炎、…

○天空海(6勝4敗) 柔道経験者。「内股」に似た掛け投げを前日に幕内で決め、師匠の立浪親方(元小結旭豊)からLINEが来たという。「『気持ち良かった?』って。へへへ」

玉鷲(8勝2敗) 右ののど…

この記事は有料会員記事です。残り2029文字有料会員になると続きをお読みいただけます。