• アピタル

イスラエル、5~11歳のワクチン接種開始 首相「安全で効果的だ」

新型コロナウイルス

清宮涼
[PR]

 イスラエルで23日、5~11歳の子どもを対象にした新型コロナウイルスへのファイザー製ワクチン接種が正式に始まった。市民の間には慎重論もあったが、政府は子どもの間での感染拡大を防ぐためとして、接種を呼びかけている。

 米国では今月から、5~11歳へのワクチン接種が始まっている。イスラエル政府も米国に続き、5~11歳への接種を推奨することを決定していた。

 イスラエルでは1日あたりの新規感染者数が9月には1万人を超えたが、今月22日時点では新規感染者数が711人、死者は1人と、減少傾向にある。12歳以上を対象にした3回目のワクチン接種が進んだことが背景にあり、これまでに人口の4割超が3回目の接種を終えている。

 ただ、政府は、ここ数週間で、新規感染者の半数近くを子どもが占めているとして、警戒感を強めている。ベネット首相は21日、「子どもたちの間での感染の波の瀬戸際にいる」と述べた。

 市民の間では、子どもへのワクチン接種に慎重な声も根強かった。10月初めまでにバル・イラン大学が5~11歳の子どもを持つ親を対象に行った調査では、「子どもへのワクチン接種が承認されれば受けさせたい」と答えた人は57%だった。否定的な意見のなかでは、副作用や、短期間での承認を懸念する声が多かったという。

 ベネット首相は21日、5~11歳向けのファイザー製ワクチンは有効成分の量が12歳以上のワクチンに比べて3分の1であることを挙げ、「子どもたちの健康を守るために安全で効果的だ」として、接種を呼びかけた。清宮涼

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]