83歳の堀江謙一さん、ヨットで太平洋横断へ 大谷翔平と重なる姿

有料会員記事

浅倉拓也
[PR]

 海洋冒険家堀江謙一さん(83)=兵庫県芦屋市=が24日、来年3月にヨットで米サンフランシスコを出発し、日本まで無寄港で単独航海すると発表した。成功すれば世界最高齢での単独無寄港太平洋横断になるという。

 堀江さんは1962年に兵庫県西宮市の西宮港から小型ヨットでサンフランシスコまで1人で航海。パスポートもない「密航」だったが米国で称賛され、日本でも一躍、時の人になった。航海記録をまとめて同年に出版された「太平洋ひとりぼっち」はベストセラーとなり、翌年には石原裕次郎主演で映画化された。

 73~74年に西回りの単独無寄港世界一周を達成し、2005年には66歳で東回りも成功するなど、冒険航海を重ねてきた。

 今回の航海は、2008年に波の力で進む波浪推進船でハワイから紀伊水道までの単独航海を成功させて以来、14年ぶりとなる。24日に東京で記者会見した堀江さんは、新たな冒険への思いは「常に頭にあった」と明かし、「やはり人間、何か目標を持って進んだ方が充実した人生を送れると思う」と話した。

 新たに建造した「サントリーマーメイドⅢ号」は、船体が19フィート(約5・8メートル)で、60年前の「マーメイド号」と同じサイズ。初代マーメイド号の設計者の長男でヨットデザイナーの横山一郎氏(76)が設計した。来年3月中旬から6月初旬まで約2カ月半かけて、60年前と逆のコースをたどり、西宮港をめざす。(浅倉拓也)

     ◇

 真っ白な髪に似つかわしくない、子どものように屈託のない笑顔。2008年、波の力で進む船でハワイから日本までの単独航海に挑む堀江謙一さんに出会った時の印象だ。それからおよそ14年。83歳になった堀江さんが新たな航海に出る。

 08年、記者は堀江さんが波浪推進船「SUNTORYマーメイドⅡ号」でハワイから紀伊水道まで約7千キロを1カ月半かけて単独航海したときに取材を担当した。堀江さんは当時、69歳だった。デニムのショーツが似合う引き締まった脚は年齢をまったく思わせなかったが、それ以上に「やりたいからやる」と挑戦を楽しむ純粋さが、堀江さんをいっそう若々しく見せていた。

 波の力だけで進む船での本格…

この記事は有料会員記事です。残り1355文字有料会員になると続きをお読みいただけます。