山形県知事、自宅階段を踏み外して足首骨折 当面は入院先から公務

鷲田智憲
[PR]

 山形県は24日、吉村美栄子知事が自宅階段で転倒して右足首を骨折し、山形市内の病院に入院したと発表した。リハビリを含む当面の間は、公務に関する連絡や指示は電話やネットを通じて行い、行事などの出席は平山雅之副知事が代理を務めるという。

 秘書課によると、吉村知事は23日午後6時ごろ、自宅の階段を下りているときに踏み外して転倒。右足首をけがし、同居する家族に連れられて病院で診断を受けたところ、右足首の骨折と分かったという。そのまま入院し、今後、手術を受ける予定だという。

 吉村知事は「県民のみなさまには、ご心配とご迷惑をおかけして大変申し訳ありません」とするコメントを発表。「一日も早く公務に復帰できるよう、治療に努めてまいりますが、入院中も可能な限り電話・ウェブなどを用いて、職員と連絡を取りながらしっかりと対応してまいります」とした。(鷲田智憲)