「1位じゃダメなの?」 全国2位の夢に秘めた日本最小の町の思い

有料会員記事

井石栄司
[PR]

 「1位じゃダメなんでしょうか?」。思わずそう聞きたくなるようなプロジェクトを、日本で一番面積が小さな町・大阪府忠岡町の住民たちが始めました。あえて全国2位をめざすこのプロジェクト。そこには小さな町の住民ならではの思いが詰まっていました。

写真・図版
杉本さんの自宅で育てたライムは白い花を咲かせた=5月7日、大阪府忠岡町、杉本さん提供

 大阪府の南西部に位置する忠岡町の面積はわずか3.97平方キロメートル。大阪湾から南東に延びる細長い町域の幅は1キロもないところが大半で、電車に乗ると、あっという間に通り過ぎてしまいます。そこに1万7千人ほどの人が暮らしていますが、人口減少と高齢化は年々進んでいます。

 そんな忠岡町にあるゲートボール場に11月13日午後、50人近い住民が集まりました。

 集まった地域の人たちを前に、東区自治振興協議会(自治会)の杉本一郎会長(69)がこう呼びかけました。

 「みなさんにこの苗を育てていただき、3、4年後に収穫量全国2位を実現しましょう」

 杉本さんが手にした苗はライ…

この記事は有料会員記事です。残り2361文字有料会員になると続きをお読みいただけます。