「欲しいって言うから産んだのに」 言って後悔、気づいた大事なこと

有料会員記事

若松真平
[PR]

 27歳だった漫画家のことりさんは、12歳年上の男性と結婚した。

 聞き上手な夫との暮らしは順調だったが、一つだけかみ合わない点が。

 子どもを授かりたいタイミングだ。

 まもなく40歳を迎えようという夫は、子どもを早く欲しがった。

 ことりさんは、今の生活をもう少し楽しみたい、と思っていた。

 かつて母に言われた言葉も、心に残っていた。

 「産んだら死ぬまで一生母親なんだからね。可愛いだけじゃない、責任で育てるんだよ」

 自分の幼いころを振り返ると、親にはたくさん心配をかけた。

 親の立場になったら一生、心配事だらけの生活になるんじゃないかと思っていた。

    ◇

 結婚からしばらくして妊娠。

 「うれしい」というよりは、「どうしよう、こわい」という気持ちの方が大きかった。

 夫は喜んでいたが、産声を聞くことはかなわなかった。

 妊娠がわかってから、わずか数週間後の流産だった。

 どこかホッとしている自分と、心にぽっかり穴が開いた自分。

 体の一部を失ったようで、何もやる気が起こらず、思い出しては泣く日々だった。

 流産がきっかけとなって、自らの意思で「子どもがほしい」と思うように。

 結婚から2年半ほど経ったころ、長男が生まれた。

不満が爆発した日

 息子が2歳になる前、夫に対する不満が爆発した。

 積もり積もった思いを一方的にぶつけるように、こんな言葉でののしった。

    ◇

 ねぇ、昔「なんで子ども欲しいの?」って聞いた時、なんて答えたか覚えてる?

 「人間を育てるの、おもしろそう」って言ったんだよ。

 でも面倒見てんの私じゃん!

 息子に興味ある? スマホばっかり見て!

 私はやりたいことも、ひとり…

この記事は有料会員記事です。残り1793文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら