石川遼が声詰まらせ涙 隔離期間中のコーチらとの練習や会食を謝罪

会員記事

山田佳毅
[PR]

 米国から帰国したあとの自主隔離期間中に、ゴルフや会食をしたとして、日本ゴルフツアー機構(JGTO)の副会長と理事を辞任した石川遼選手(30、CASIO所属)が11月24日、高知県のKochi黒潮カントリークラブで謝罪会見を開いた。石川選手はJGTOなどを通じて文書で謝罪を表明していたが、公の場で謝罪したのは初めて。

 午前11時ごろ、石川選手が会見場に現れた。「コロナ感染対策にご尽力してくださっている皆さまを始め、応援してくれる皆さま、JGTOや選手会の皆さまに多大なご迷惑をおかけしたことを、心よりおわび申し上げます」。黒髪をまとめた姿で、数秒間、深く頭を下げた。

 石川選手によると、米国から帰国した10月24日以降、千葉県内のゴルフ場での数度の練習、コーチらと2回のラウンドを行ったほか、ゴルフ場内の個室でコーチやゴルフ場関係者と会食をしたという。

 「自分の大きな勘違いは、コ…

この記事は会員記事です。残り814文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。