検察側は無期懲役求刑、弁護側は無罪主張 岡山・女児殺害公判が結審

高橋孝二、中村建太
[PR]

 岡山県津山市で2004年9月、小学3年の女児(当時9)が殺害された事件で、殺人や強制わいせつ致死などの罪に問われた無職、勝田州彦(くにひこ)被告(42)の裁判員裁判が24日、岡山地裁であった。検察側は無期懲役を求刑し、被告側は改めて無罪を訴え、結審した。判決は来年1月6日に言い渡される予定。

 被告は、逮捕直後の取り調べに殺害を「自白」したが、その後、「うその供述をした」として否認に転じた。裁判では、「自白」の信用性が争点となった。

 検察側は論告で、録音・録画された取り調べのやりとりを文字に起こした「反訳書」などに基づき、「自白」は客観的事実と整合して信用できると主張。「無差別で、強固な殺意に基づく冷酷で残虐な犯行。悪質性は際立って高く、酌量の余地は皆無」と述べた。

 一方、弁護側は「被告と犯行を結ぶ客観的証拠は存在しない」と反論。「自白」には犯人しか知り得ない「秘密の暴露」が含まれていないとし、「『自白』は信用性がなく、有罪認定の根拠とはならない」と主張した。被告は最終意見陳述で「私は絶対の絶対にやっていません。無実であり、冤罪(えんざい)です」と訴えた。(高橋孝二、中村建太)