藤井聡太竜王、自身初の冬のタイトル戦・王将戦へ「和服仕立てる」

会員記事

村上耕司
[PR]

 史上4人目の五冠獲得に向けて「王将」のタイトルに挑む、将棋の藤井聡太竜王(19)=王位・叡王・棋聖と合わせ四冠=が24日、記者会見を開き、王将戦七番勝負への抱負を語った。

 藤井竜王は19日、第71期王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)の挑戦者決定リーグ戦(通称・王将リーグ)で開幕から5連勝し、24日の最終戦を残して単独首位を確定させ、渡辺明王将(37)=名人・棋王と合わせ三冠=への挑戦を決めた。24日に東京・将棋会館であった永瀬拓矢王座(29)との最終戦は敗れ、5勝1敗の成績でリーグを終えた。

 24日の終局後、記者会見を開いた藤井竜王は「本局で敗れてしまったのは残念ですけど、全体としては実力以上の結果が出せたのかなと感じています」とリーグを振り返った。七番勝負に向けて「シリーズを盛り上げられるように頑張りたい」と話した。

 これまで五冠を達成した棋士は羽生善治九段(51)、故大山康晴十五世名人、引退した中原誠十六世名人(74)の3人。渡辺王将との七番勝負は来年1月9日、静岡県掛川市で開幕する。

 記者会見での主な一問一答は次の通り。

――王将リーグで初黒星を喫し…

この記事は会員記事です。残り1818文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。