新生銀、敵対的買収を仕掛けるSBIに白旗 急転直下のわけは

会員記事

小出大貴、細見るい、西尾邦明
[PR]

 SBIホールディングスが新生銀行にしかけた、金融業界では異例の敵対的な株式公開買い付け(TOB)は24日、局面が大きく変わった。新生銀は突如、買収防衛策を取り下げ、翌日に迫っていた臨時株主総会を中止。SBIが求める経営陣の交代も受け入れた。新生銀に何があったのか。

 「双方で協調して企業価値向上に努める意向であると回答があった」

 24日夕、新生銀は急きょ防衛策を取り下げた理由について、SBIとの歩み寄りを強調してみせた。だが、実際には、総会での防衛策否決が濃厚になったとみて白旗を上げたとみられる。決め手は国の動向だった。

 新生銀の実質的な筆頭株主は…

この記事は会員記事です。残り1186文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。