逮捕の男子生徒、包丁をリュックに隠し持ち登校か 愛知中3刺殺事件

[PR]

 愛知県弥富市の市立中学校で3年生の男子生徒(14)が刺され、死亡した事件で、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された同学年の男子生徒(14)が、凶器の包丁をリュックサックに入れて校内に持ち込んだとみられることが、捜査関係者への取材でわかった。県警は25日午前、容疑を殺人に切り替えて男子生徒を名古屋地検に送検した。

 捜査関係者によると、男子生徒は24日朝、通学用リュックに包丁を隠して登校し、別のクラスの被害生徒を2階の教室から廊下に呼び出し、腹部を刺したとみられる。死因は出血性ショックだった。

 包丁は刃渡り約20センチ。男子生徒は事前に自分で購入したと説明しており、県警は計画的な犯行だった可能性が高いとみている。県警は25日にも遺体を司法解剖して傷の状況を調べる。在校生からも事情を聴き、動機の解明を進める。