「言葉の壊れ」に危機感、もやもやした日常みつめる 荒井裕樹さん

有料会員記事

藤生京子
[PR]

 『まとまらない言葉を生きる』(柏書房)と題したエッセーが、発売から5カ月近く、じわじわと読者の数を伸ばしている。著者は日本近現代文学が専門の二松学舎大准教授、荒井裕樹さん(41)。要約などし得ない、一人ひとりの人生のひだから紡がれる「言葉の力」を照らす。一冊に込めた思いを聞いた。

 荒井さんは障害者やハンセン病患者、女性らマイノリティーの自己表現を研究してきた。『障害者差別を問いなおす』など7冊の単著があるが、エッセーは初めて。

 執筆の出発点は、近年ますます日本社会をむしばむ「言葉の壊れ」への危機感にあったという。SNS上などで社会的に弱い立場の人に向けられる憎悪。重みと責任を失った政治家の発言。そんな息苦しい言葉があふれる時代に、「悔しさ」を感じていた。

 言葉には本来、もっと力があるはずなのだ。魂や尊厳や優しさにまつわるような。でも短くきれいにまとめようとすると、スルリと落ちてしまうものがある。

 「それが何かを考えたいと思いました。長年関わってきた人との語らい、心に響いた本の一節、日常の出来事を手がかりに、自分の中の『もやもやした思い』を書いていった。これを必要とする人っているのかな、と自問しながら」

 全18話に登場する話題は、たとえば、いじめられた子を励ます作文を書かせると、いじめる側に近い文章が出来上がるパラドックス。頑張れ、負けるなという激励が叱咤(しった)に転化してしまいかねない。「言葉がない」からだ。その「ない」ところから、人はどうやって励ましてきたのか模索する。

 子どもの保育園探しで知り合…

この記事は有料会員記事です。残り1213文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!