逮捕の伯父、大阪で生活歴あり土地勘か 兵庫・殺人放火事件

会員記事

[PR]

 兵庫県稲美町の民家が全焼し、小学生の兄弟が死亡した放火殺人事件で、大阪市北区で24日に身柄を確保された同居の伯父が以前、市内で生活しており、土地勘があったことがわかった。県警は捜査員を派遣して捜していた。捜査関係者への取材でわかった。

 県警は24日深夜、伯父の無職松尾留与(とめよ)容疑者(51)を現住建造物等放火と殺人の疑いで逮捕した。

 捜査1課によると、逮捕容疑は19日午後11時半すぎ、住んでいた稲美町岡の木造2階建て住宅に火をつけて全焼させ、就寝中だった小学6年の松尾侑城(ゆうき)君(12)と弟で小学1年の真輝(まさき)君(7)を死亡させたというもの。

 松尾容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているという。県警は動機などを調べている。

 2人の死因はいずれも、煙を吸ったことによる急性一酸化炭素中毒だった。

 捜査関係者によると、火災直…

この記事は会員記事です。残り221文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。