第38回【新聞と戦争・アーカイブ】それぞれの8・15:6

有料会員記事

[PR]

【2007年4月9日夕刊3面】

 45年5月、ソ連軍がベルリンを占領し、ドイツ無条件降伏した。朝日新聞ベルリン支局長だった守山義雄のドイツ脱出第一報が載ったのは、6月5日の紙面だった。

 「つひに奇蹟(きせき)は起らなかつた。奇蹟を期待した人達(たち)は今茫然(ぼうぜん)として廃墟(はいきょ)の中に佇(たたず)んでゐる」

 当時34歳の守山はそう書き出す。そして――。

 「戦争には最後の結末だけが…

この記事は有料会員記事です。残り840文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載新聞と戦争アーカイブ(全107回)

この連載の一覧を見る