第39回【新聞と戦争・アーカイブ】それぞれの8・15:7

有料会員記事

[PR]

【2007年4月10日夕刊3面】

 戦後に朝日新聞の論説主幹を務め、ベストセラー『ものの見方について』でも知られた笠(りゅう)信太郎は、戦時下は欧州に特派員として駐在した。

 当初はベルリンにいたが、43年秋から中立国スイスのベルンに拠点を移していた。

 笠はドイツ敗戦を受けて、日本政府に対し、対米和平を進めるよう働きかけることを決意する。 「(日本の降伏が)一日々々と延びてゆくことが、自分たちの兄弟や友達が死んでゆくことであり、全く見てはいられないのである」(『世界』51年8月号)。戦後、そのときの心情をこう振り返っている。

 笠は45年6月に、元朝日新聞副社長で内閣情報局総裁の下村宏あてに「ソ連対日参戦の気配」とする電報を打った。公使館の暗号電報を使った。

 「そういう意見が日本政府の…

この記事は有料会員記事です。残り728文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載新聞と戦争アーカイブ(全107回)

この連載の一覧を見る