第40回【新聞と戦争・アーカイブ】それぞれの8・15:8

有料会員記事

[PR]

【2007年4月11日夕刊3面】

 すれ違いざま、伊沢紀(ただす)がささやいた。

 「戦争はまもなく……」

 その先は口にしなかった。しかし、伊沢が「戦争は終わりだ」と伝えようとしたことは、当時20歳の金子利夫(82)にはわかった。

 45年7月下旬、鎌倉でのことだ。

 戦後、「飯沢匡(ただす)」のペンネームで劇作家として名をなす伊沢は当時、空襲で東京の家を焼け出され、鎌倉の兄の家に住んでいた。金子は、朝日新聞活版部に勤め、整理部員だった伊沢としばしば仕事をした。伊沢の指示をうけて、活字を組み上げるのだ。伊沢に出会ったとき、金子は、召集されて鎌倉の部隊にいた。

 伊沢が小声でいった。

 「金子君、命を大事にして帰…

この記事は有料会員記事です。残り770文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載新聞と戦争アーカイブ(全107回)

この連載の一覧を見る