第43回【新聞と戦争・アーカイブ】それぞれの8・15:11

有料会員記事

[PR]

【2007年4月16日夕刊3面】

 ソ連が参戦し、長崎に原爆が投下された45年8月9日の夜10時、衆議院書記官長の大木操は帰宅の途についた。

 中野駅から「朝日新聞特輯(とくしゅう)号」を手にした者が乗り込み、車中を配布して歩いた。ソ連参戦を報じる紙面に、乗客は黙々と見入った。

 「皆呆然(ぼうぜん)として…

この記事は有料会員記事です。残り906文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載新聞と戦争アーカイブ(全107回)

この連載の一覧を見る