AI運転支援、ホンダ導入へ 運転データ学習、危険は歩行者にも伝達

会員記事

神山純一
[PR]

 自動車メーカーが、事故を防ぐための運転支援システムの開発を加速させている。ホンダは25日、人工知能(AI)を活用したシステムを新たに開発し、2020年代後半の導入を目指すと発表。世界でホンダ車が関わる事故の死亡者を、30年に20年比で半減、50年にはゼロにする目標を掲げた。AIは、どんな運転支援をしてくれるのか。

 ホンダが開発中の「知能化運転支援技術」は、センサーやカメラで把握した道路や運転手の状況をAIが分析。起こりうる事故を瞬時に予測し、運転手に注意を促すという。

 たとえば、後ろから近づくバ…

この記事は会員記事です。残り955文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。